タイ

10代のプエラリア摂取は無理

バストに関する悩みを抱えているのは、20代、30代の女性ばかりではありません。
水着を着た時、などバストの小ささに悩まされるのは10代の女の子たちにも十分想定できることです。
バストに関する悩みを解決する場合には、最近はバストアップサプリメントが推奨されるようになりました。
どのようなものかと言うと、女性ホルモンを刺激する成分をサプリメントとして摂取することでバストの成長を促すというものです。

バストの成長には女性ホルモンの存在が不可欠です。
女性ホルモンの含有率が低い男性の肉体はバストが大きくなりませんし、稀な事例を除き、乳汁も分泌しません。
女性の肉体に存在する女性ホルモンが乳腺を成長させ乳汁を分泌し、母乳として子どもを育てることが出来るように支えているのです。
乳腺の発達は特に産後すぐに行われますが、女性ホルモンを刺激してあげることでも発達可能です。
女性ホルモンが活発になる月経前になると、バストが張るような感覚になりがちなのもそのためです。
女性のホルモンバランスは安定しておらず、常に体調や月経サイクルに合わせて変動しています。

しかし、この緩やかな変動は20代以降の女性が獲得しうるものです。
10代の女性はまだ成長ホルモンの影響が強く、身体が安定していません。
もちろん、月経が開始している人が大半ですが、それでも身体は未発達な状態なのです。
プエラリアの効果は強力で、飲んでしばらくするとバストがワンカップ以上も成長した、と言う声もよく聞かれます。
しかし、その分ホルモンバランスを刺激するので、身体が未発達な未成年者には効果が強すぎる可能性があります。
自力で安定に向かっている段階ですと、このような外部からの刺激がかえって負担になる可能性が強いのです。
バストの成長もまだ自然な成長ホルモンででも期待できますし、まずは身体が大人としてしっかり出来上がるまで様子を見てみてください。
サプリメントやドリンクは40代以降でさえ始めても遅くはないのです。