タイ

男性のプエラリアでの中性化と注意

更年期障害の改善やバストアップに豊かな効果を与えてくれるとして、タイ原産のプエラリアは非常に人気が高い物です。
各化粧品メーカーや食品メーカーも製品を販売するようになり、以前よりもぐっと身近な存在になりました。
日本でも栽培しているエリアがありますが、非常に難しい栽培であり、国産化はほんの一部です。
東南アジアの山岳エリアでたくましく育つマメ科の植物は、女性ホルモンであるエストロゲンを心地よく刺激することが出来ます。
エストロゲンが不足していると、月経サイクルに乱れが生じたり妊娠にそもそも必要な排卵が滞っていたりなど女性の身体に大きな負担を与えます。
そこで、外部から疑似ではありますがエストロゲンを補うことで、本来備わっているエストロゲンが刺激され、身体が女性らしい豊かなボディへと仕上がっていきます。

そこで、気になることがあります。
プエラリアをもしも男性が摂取した場合には一体どうなるのでしょうか。
本来男性の身体には男性ホルモンと女性ホルモンがそれぞれ存在していますが、女性ホルモンのほうが圧倒的に比率は低く存在しています。
男性のヒゲや精子など、男性らしい特徴は男性ホルモンが起因しています。
男性ホルモンに支配されている身体に女性ホルモンに類似するプエラリアを投入した時、男性の体内にある女性ホルモンが刺激され、中世的な身体に移行すると言われています。
濃い体毛が軽減され、美しい身体に近付くと言われています。
最近では男性も脱毛に積極的なので、プエラリアを飲むことで自然と脱毛できるならうらやましいとお考えになるのではないでしょうか。

しかし、注意点もあります。
それは性機能の低下です。
性機能が低下してしまうと不妊につながりやすくなりますし、そもそもの性交渉が難しくなることがあります。
中性化するデメリットもあるので、プエラリアの安易な大量摂取は特に男性の場合は控えてください。
もちろん、少量をパートナーと一緒に楽しむ程度なら問題なく摂取することができます。