タイ

使用しない方がいい場合もある

プエラリアは女性にとって素晴らしい味方であることは既に多くの人々に知られていますが、実は使用しない方がいい場合もあると言われています。
今後使用を検討されている方はまずは使用しない例を知っておくと良いでしょう。
女性の身体には、月経や妊娠などに大きく影響している女性ホルモンが存在しています。
この女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンという種類が存在し、それぞれどちらが欠けても体調に異変を感じやすくなります。
プエラリアは植物ですがその根の部分にエストロゲン類似成分が含まれています。
また近年の研究の結果ミロエステロールという画期的な成分も含有していることがわかっています。
ミロエステロールが体内に元々存在しているエストロゲンを刺激することがわかっています。
つまり、プエラリアを摂取すると2つの効果的な反応が現れます。
1つは既に不足しているエストロゲンの補てん、もう1つは既に存在しているエストロゲンの活性化です。

以上がこの成分が持つ効果の魅力なのですが、女性ホルモンを過剰に刺激しないほういい時期には、摂取を避けるべきと言えます。
例えば代表的な避けるべき時期は妊娠期です。
妊娠期はホルモンバランスが激変し、ママの身体が赤ちゃんのために大きく変化していきます。
また、摂取した成分は胎盤を通して胎児に移行していくので、胎児のホルモンバランスにも影響を与えかねません。
そのため、プエラリアの製品パッケージには必ず摂取を避けるべきと掲載されています。
その他にも、月経中に摂取をすると身体に違和感を覚える人もいるようです。
女性の身体はおおよそ25日程度の周期で月経を繰り返していますが、この変動の中でプエラリアの強い効果で不正出血を起こすことがあります。
この場合は使用を中止しましょう。
女性の身体はとてもデリケートなので、健康成分を生かす際にも少しずつ試して身体に慣れさせていくことが大切です。
無理な過剰摂取は必ず控えましょう。