タイ

プエラリアのクリームはどんな目的で使用する

皆さんはバストアップクリームという存在をご存知でしょうか。
最近バストに関するコスメは増加傾向にあり、多くの女性の関心を集めています。
それもそのはず、バストは非常にデリケートで、誤ったダイエットをするとバストが小さくなってしまう可能性もありますし、授乳後のバストは萎みやすくなるのでいつまでもハリのあるバストを保つのは難しいからです。
でも、第2次成長期に大きくなったバストからさらにもう少しバストを大きくすることは可能なのでしょうか。

バストの仕組みを簡単に説明すると、バストはほとんどが脂肪の塊です。
しかし、産後は授乳という大きな役割を担っており、乳腺という部位が発達しています。
出産経験のある方は体感したことがあると思われますが、乳腺は産後に急速に発達し、授乳が出来るように発達します。
この作用はホルモンの刺激によって行われ、バストが怒張することで知られています。
女性の体内にあるのは女性ホルモンが中心であり、特にバストアップに作用するのはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一種です。
女性ホルモンは初経後に発達が進みますが、外部からの刺激でも発達することがわかっています。

例えばその例として、「マッサージ」が有効です。
マッサージで乳腺を刺激し、バストを豊かにするようなクリームを併用することでバストがみるみる成長すると言われています。
もちろん、体感には個人差がありますので注意が必要です。
数か月であっさりと反応を感じる人もいれば、変化に時間が掛かり半年以上の時間を要する人もいます。
プエラリア入りのバストアップクリームを使用する場合、プエラリアは非常に強力で効果も絶大ですから、もしも月経サイクルに乱れが生じるなどの異変を感じたら、速やかに使用を中止し体調の管理に努めましょう。
バストアップクリームに今まで信憑性を抱いていなかった人も、プエラリアが配合されているものですと実感に至るのではないでしょうか。