タイ

プエラリアとプラセンタはどう違う

健康成分や美容成分の名前を眺めていると、類似した名前を見つけることがあります。
中でも女性に人気の成分なので、次の2つの成分は良く見かけます。
それは「プエラリア」と「プラセンタ」です。
非常に人気がありますし、名前も類似していますが効果にも類似性はあるのでしょうか。

まず大人気のプエラリアですが、この成分は「植物由来」です。
タイなどに自生しているマメ科の植物で、根の部分に美容に効果のある成分が集中しています。
エストロゲンに類似した成分のため、摂取をすることでエストロゲンを外部から補えるのです。
そのため大量の摂取はホルモンバランスに変動を起こす可能性があるので、十分に摂取量に気を付けて摂取を行う必要があります。
プエラリアの類似成分にはあの大豆由来のイソフラボンもありますが、効果はイソフラボンの実に40倍にも上っており、非常に強い効果が期待されています。
女性ホルモンの減少は肌のハリや艶が失われ、カサついた肌になります。
バストが垂れてしまい、女性らしい魅力が失われるように感じることもあるでしょう。
プエラリアはそんな中年期以降の女性の味方なのです。

一方のプラセンタは「動物由来」です。
胎盤を意味する言葉であり、市販されているプラセンタには豚や馬が使用されています。
人由来のものですと医療用として使用されており、成長因子の効果でアンチエイジングや更年期障害の改善が期待できるのです。
更年期障害の改善など類似した効果はありますが、植物と動物という由来の差があります。
また、同時の摂取ですが多量のホルモンへの変化を及ぼす成分の摂取は、身体に大きな負担となりかねません。
美容目的での併用を検討されている方も多いと思われますが、初めて使用される方はまずはどちらか1つを試してみるのが良いでしょう。
さらに、更年期障害のケアですでに医薬品の投与を受けている方は、医薬品の摂取を優先し、サプリメントなどの類似成分の多量摂取がないように気を付けましょう。