イソフラボンの共通の効果とは

皆さんは最近巷で圧倒的な人気を誇っているプエラリアはご存知でしょうか。
特に女性の方は、女性誌でも人気が取り上げられているので効果について少なからずご存知かもしれません。
プエラリアについての特集を見てみると、ある別の成分と比べられていることがあります。
それはイソフラボンです。
でもどうしてこの2つの成分が頻繁に比べられるのでしょうか。

そもそもプエラリアはミャンマーやタイの北部に自生している植物です。
この植物には不思議な力があり、女性の更年期障害の改善やバストアップに素晴らしい効果をもたらします。
更年期障害やバストアップに共通して言えるのは、女性ホルモンの分泌です。
更年期障害の場合、女性ホルモンの分泌の低下が原因です。
これは生理現象であり致し方ないことです。
閉経に向けて女性ホルモンが減少していくため、体調に異変が伴います。

しかし、プエラリアには女性ホルモンの一種であるエストロゲンに類似した成分が含まれており、摂取をすることで女性ホルモンを補うことが出来るのです。
これが閉経を防ぐわけではなく、減少を緩やかにする効果があります。
一方よく比較されるイソフラボンにも今ご紹介したような効果があるのですが、プエラリアの40分の1程度と言われています。
類似効果はあるのですが、効果はやや弱いと言えるでしょう。

これはむしろイソフラボンが弱いというのではなく、プエラリアの効果が強力なためです。
もしもあなたがこうした更年期障害などに関するカバーのために摂取を検討している場合、効果の強さを求めるならプエラリアを選択したほうが良いでしょうし、大豆など食品から気軽に摂取できるものをお探しならイソフラボンで効果を試してみてはいかがでしょうか。
また、この2つの成分には女性ホルモンに対する効果以外にも、美容に効果をもたらす抗酸化作用も類似しています。
美肌を劣化させる体内の酸化現象を防いでくれる効果があるので、是非挑戦してみてください。

トップに戻る