プエラリアと豆乳の共通点

プエラリアは豆科のクズに似た花と葉をもち塊根をつくる植物です。

女性ホルモンに似た成分を持つ、エストロゲンが含まれています。
プエラリアはミロエステロールの成分が含まれています。
イソフラボンの1000倍の強さがあり、プエラリアにのみ含まれる有効成分です。

一方、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。
イソフラボンが含まれていて気軽に摂取できる飲料では豆乳があります。
豆乳新陳代謝を促すビタミンB、ビタミンEやサポニン、腸内環境を整えるオリゴ糖、抗酸化作用が働く大豆イソフラボンが含まれています。
プエラリアと豆乳の共通点としてどちらの成分にも女性ホルモンが豊富に含まれていることがわかります。
女性ホルモンを増やすことで、動脈硬化や更年期障害、更には抗酸化作用も働き美肌効果やバストアップといった様々な効果が期待できます。

豊富な女性ホルモンを補えるプエラリアと豆乳を合わせて摂取すると効果が倍増します。
サプリや調整豆乳と合わせて飲むと飲みやすくなります。

しかし、あわせて飲む場合には注意が必要です。
イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを崩して副作用を招く恐れがあります。
副作用のなかには頭痛や生理不順などの不調を引き起こすことがあります。
女性ホルモンを短い期間で大量に摂取したからといってすぐに効果が表れるわけではないので、摂取する量をしっかり守りながら持続して摂取することで高い効果が見込めます。
過剰摂取に注意して効率よく効果がでる飲み方をおすすめ致します。

トップに戻る