プエラリアは女性の味方です

プエラリアと聞くと貧乳に悩む女性が飲むサプリメントというイメージですが、では一体プエラリアの何がバストアップに効果があるのでしょうか?

プエラリアと女性ホルモンの一つであるエストロゲンは切っても切れない関係にあります。
エストロゲンは女性らしさを保つ為に必要なホルモンと言えます。
主に、エストロゲンは眠っている卵胞を活性化させたり、妊娠の際、子宮の壁を厚くして着床しやすくするなど、妊娠、妊活をする上で重要なホルモンです。
しかし、その他にも自律神経を整えたり、骨の形成を促す効果もあります。
また、皮膚や髪の毛の色、ツヤを良くする働きもあります。

このエストロゲンに似た働きをする成分がプエラリアにも含まれています。
それは、プエラリアの「ミロエステロール」という成分です。
ミロエステロールは他の食品、植物には含まれない成分なのです。
大豆イソフラボンも女性ホルモンと同様の働きをしますが、ミロエステロールに比べるととても弱いのです。

また、ザクロにも「エストロン」という女性ホルモンの一つが含まれ、エストロゲンと同じような働きをしたり、エストロゲンの分泌を促したりする作用がありますが、含有量はごくわずかで効果の程は期待できません。
一方でミロエステロールの作用はとても強く、低用量ピルなどのホルモン剤と同じくらいとも言われています。
ですので、飲み方もとても重要になっています。

効果的に摂取するには、ピルと同じで生理の周期に合わせて飲むのが良いとされています。
体内でエストロゲンが出る卵胞期に服用するとより効果的です。
逆に黄体期に入って飲むとバランスを崩し体調不良などの副作用もあるので、飲み方には気を付けた方がよいでしょう。

トップに戻る