プエラリアを摂取すると眠くなる?

バストアップ・美肌・更年期障害の改善等に有効なプエラリア。
女性にとっての強い味方ですが、効果は個人差が大きく、副作用が出やすい人もいるので注意が必要です。
プエラリアの副作用のひとつである眠気との関係性について解説します。

プエラリア自体に眠気を催す効果はありません。
しかし、それでも眠くなる理由はプエラリアに含まれる成分と、それによってもたらされる効果が大きく影響しているのです。
プエラリアはエストロゲンやイソフラボンを含み、女性ホルモンを活性化します。

女性ホルモンにもいくつか種類がありますが、眠気の原因となるのはプロゲステロンというホルモンです。
プエラリアの働きによってプロゲステロンが増えると、体温が上がって寝つきが悪くなり、日中の眠気を引き起こします。
また、排卵から次の生理が始まるまでの黄体期は最も体温が高く、プロゲステロンの分泌が増えます。
そのため、黄体期にプエラリアを摂取すると特に眠気が強くなるのです。
つまり、プエラリアの副作用による眠気と生理前の眠気は同じメカニズムで起こるものだといえます。

さらに、プロゲステロンは分解されるとアロプロゲステロンに変化し、脳のガンマ・アミノ酪酸の働きを助けます。
ガンマ・アミノ酪酸は催眠作用があり、睡眠薬と同等の効果を持つとされています。

用法・用量をきちんと守れば副作用のリスクはかなり低くなりますが、眠くて我慢できない場合は量を減らす事をオススメします。
女性ホルモンが増えすぎる事でさらに眠気がひどくなる可能性があるので、プエラリアと同様の効果を持つイソフラボンとの併用も避けた方がよいでしょう。

トップに戻る