プエラリアの摂取を避けるべき人

プエラリアは市販されており、インターネットなどで誰でも購入することができます。
しかし、プエラリアはホルモンバランスに直接働きかけますので、服用には十分な注意が必要です。

まず最初に、10代によるプエラリアの摂取は避けるべきだといえるでしょう。
10代は女性ホルモンの生成が一番活発な時期であり、また女性ホルモンの分泌が体内で始まる大切な時期です。
したがってプエラリアを摂取することで女性ホルモンが過剰になってしまい、卵巣の発達に影響を与えてしまうことが懸念されます。

また妊娠中や授乳中の女性も、プエラリアの摂取を避けるべきだといえます。
妊娠中や授乳中は体内のホルモンが入れ替わりますので、バランスが崩れている状態です。
プエラリアを摂取することで、さらにホルモンバランスが崩れて体調不良がおきかねません。
赤ちゃんへの影響を考えると、日本では歴史の浅いプエラリアの摂取は避けた方が良いといえます。

そしてイモ科の食物にアレルギーを持っている方も、プエラリアはイモ科の食物ですので、何らかのアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。
主治医に相談したうえで少量ずつ摂取するなど、摂取には十分に注意をしましょう。

加えて甲状腺異常や、女性特有の女性ホルモンにまつわる病気を持っている方も摂取は控えなくてはなりません。
ホルモンに異常をきたしてしまう可能性があるからです。
どうしても摂取したいという場合には、主治医にまずは相談しましょう。

トップに戻る