バストアップ対策と持続性

バストアップの方法はいろいろありますが、続けやすい方法を選ぶのが一番です。
例えばマッサージクリーム、補正下着、エステのマッサージ、豊胸手術、サプリメントなど金額も手間も、効果の出る期間もまちまちです。
それらの方法を続けるのが面倒だ、とやめてしまったら、大きくなりかけた胸はどうなるのでしょうか。

マッサージクリームの場合は、バストがすぐに小さくなったりはしません。
それはマッサージクリームに含まれるプエラリアなどのバストアップに有効な成分のためです。
けれど、胸に脂肪細胞が定着するまで、最低でも半年は続ける必要があります。

補正下着は、着けた日からバストの形が整います。
バストアップサプリメントでバストアップした胸の形をキープすることが出来ます。
夜に寝るときにも、ナイトブラをつけましょう。
エステのマッサージは、バスト以外に散っている脂肪をバストに移動させ、体の線を整えます。
ただし、もともと脂肪の少ないヤセ型の方には、あまり期待が持てません。

豊胸手術は、いくつか種類がありますが、どれも永続的ではなく数年おきに再手術が必要になり、費用は高額になります。

バストアップ用のサプリメントは、一日何錠かを飲むだけです。
飲む人の体質にもよりますが、1か月から6か月程で、効果を実感することが出来るでしょう。
その後も、少量ずつ続けて飲用することで、バストアップ効果を持続することが出来ます。
マッサージクリームなどと同様に、大きくなり始めたばかりの状態で、飲用をやめてしまうと、徐々に元の大きさに戻ってしまうこともあります。
バストに付いた脂肪が定着するまで、最低でも3か月は根気よく続けることが大切です。
その後はお風呂上りにバストマッサージでケアしたり、補正下着を付けたり、睡眠不足や栄養不足、ストレスを避けていけば、サプリメントの錠剤の数を減らして飲み続けてもいいでしょう。

トップに戻る