プエラリアで副作用が出ることがある?

バストアップや美肌に効果があるということで女性に人気のプエラリアですが、まれに副作用が出る人もいるので注意が必要です。
プエラリアはイソフラボンよりもはるかに多い植物性エストロゲンを含んでいる植物ですが、マメ科の植物であることから大豆などにアレルギーがある人は、少しずつ摂取するようにしたほうが無難です。

また、多量のエストロゲンをいきなり摂取することになるので、ホルモンバランスが崩れて体に悪影響が出てしまう人もいます。
報告されている主な症状は、ふきでものやニキビなど肌のトラブルです。
皮脂のバランスが一時的に崩れるため、肌が荒れやすくなってしまうのです。
もともと敏感肌の人や、生理前などにふきでものが出やすい人は、特に飲み始めの時期に注意が必要です。

もう一つ起こりやすい副作用は、生理周期の乱れです。
こちらもホルモンバランスが変わってしまうことで生理周期が長くなったり、あるいは短くなったりします。
逆に生理周期が整わずに悩んでいる人には有効に働く場合もあります。
生理周期の調整用途にプエラリアを扱うのは素人には難しいので、ピルを処方されている人や持病で婦人科に通っている人は、服用前に必ず医師に相談してください。

多くの副作用は、しばらく飲み続けているうちに次第になくなってくるものです。
しかしプエラリアの成分にリスクが生じるかもしれないと感じる人は、いきなり純度の高いものから始めずに、少量から試してみて体の様子を確認するようにしてください。

トップに戻る